Iot デバイス ボット 化

Feby 8, 2020
iot デバイス ボット 化

iot デバイス ボット 化

IoT機器をボット化するサイバー攻撃が増加、警察庁 ... 2015.12.16. コピーしました. PR 警察庁は2015年12月15日、IoT(Internet of Things)機器を乗っ取ってボット化させるサイバー攻撃の観測結果を公表した。 ... デバイスセキュリティに着目すべきその理由 ...

2018 年 2 月 20 日 Marc Laliberte 著. セキュリティ業界の多く専門家が、この問題を自問しています。IoT ボットネットは、マルウェアによって乗っ取られた安全性の低い IoT デバイス(ウェブカメラやビデオレコーダなど)で構成されるネットワークであり、一人の攻撃者がそれを制御します。

IoTセキュリティを考える上で最も警戒すべき攻撃の一つが、IoT機器を踏み台とした「ボットネット攻撃」です。 ボットネット攻撃は、サイバー犯罪者がマルウェアを感染させて乗っ取った(=ボット化した)IoTデバイスを多数操り、特定の対象に向けて一斉 ...

そして、ボット化の対象がLinuxで動作するIoTデバイスであったことが大きな特徴で、それが今回のような大規模なボットネットを構成し、史上まれに見る規模の攻撃が成立しました。

自動化が進めば進むほど、社会の広範囲にダメージを及ぼす事件が起きてしまう。そんな懸念もまた残されています。 2016年のサイバー犯罪をみると、IoTデバイスを悪用したDDoS攻撃が急増しました。

 · IoTデバイスを保護するためには. 新しい脆弱性を利用する「Mirai」の亜種が確認されたということは、サイバー犯罪者が、セキュリティ保護されていないIoTデバイスを検索しボット化するために熱心であることを意味しています。

IoTデバイスというとセンサーと通信モジュールだけで構成されるものを漠然とイメージしてしまうが、多くのIoTデバイスはコンピューターそのものである。CPUやメモリが搭載され、OSの上に各IoTデバイスの機能を実現するアプリケーションが載っている。

2016年9月以降に発生した複数の大規模なDDoS攻撃。本稿ではその攻撃に用いられたとされるマルウェア「Mirai」のソースコードを読み解き、対策法 ...

ブライアン・クレブスは10月1日、Krebs on Securityを襲った「IoTのボットネット」を動かしていたマルウェアのソースコードがオンラインに公開されていることを報じた。このソースコードの流出は、今後の混乱を充分に予想させるものだ。クレブスは次のような言葉で説明している。

iot デバイス ボット 化